ABOUT
NAKAMA PROJECT とは?

Beat Buddy Boiがメジャーデビュー前からずっと追い続けている夢『日本武道館』でのワンマンライブ。
そんな自分たちと同じように、目標に向かってひたむきにダンスを頑張っている学生ダンス部のみんなも、そして今自分たちの夢を応援して一緒に追いかけてくれているファンのみんなも、同じBBBの“仲間” 。自分たちの誇りである「ダンス」「RAP」を通じて、全国の仲間に直接会いに、応援しに行く。 それが今回の「NAKAMA PROJECT」になります。 10/15(土)よりスタート!全国の学生ダンス部へ訪問し行うダンスによる交流会と、それに伴い全国6都市で行われるファンミーティング、イベントへのライブ出演やダンススタジオでのダンスワークショップなどを通じて、BBBが日本全国の“仲間”を応援しに行きます!
Beat Buddy Boi HP : http://beatbuddyboi.com/

STORY
of Beat Buddy Boi

Chapter 1

ダンサーだけで武道館を埋める

1つのストリートダンスチームが、「ダンサーだけで武道館のステージに立ち、会場をファンで一杯にする」という前例の無い目標に挑んでいた。

story01

story02

BBB SHOCK LIVE

ストリートダンス界で頂点を獲ったBeat Buddy Boi(以下BBB)がその挑戦を決めたのは5年前。 そうしてメンバーは、ダンサーだけでファンを創るプロジェクト、BBB SHOCK LIVEを行い3年間全国を駆け巡った。

「ダンスという表現だけで届けることは限界なのか?」

音源も自分たちで制作しインディーズで発表、ダンスシーンの常識をことごとく覆し、着実にファンを増やして行った。 しかし、ある時を境に限界を感じ始める。「LIVE動員数が伸びない」 「ダンスという表現だけで届けることは限界なのか?」 そんな中、捨て身の覚悟で挑んだ「武道館への道プロジェクト」ツアー動員数が延べ1万人という目標に達成しなければ武道館という目標は白紙になる。 結果は、全国で動員数約4,000人、CD販売数3,000枚。・・・ノルマ未達成。 武道館の夢は中断を余儀なくされた。

Chapter 2

HIPHOPレジェンド
「バスタ・ライムス」とコラボ

BBBとして、再度夢に向かってチャレンジし続ける道を選択し、LAに渡米。 伝説のHIPHOPアーティスト「バスタ・ライムス」と、ダンサーとして世界初のコラボレーション作品を発表し日本のみならず世界のダンスシーンに一石を投じた。

story03

story04

全国ツアー再開!

自分たちのやってきたことを信じ続けて更に力を付け「BBB SHOCK LIVE 7」にて全国ツアーを再開。

SHUNとの出会い

しかしそれでも、武道館を一杯にする動員を見込めるほどのファンは集まらなかった。 数々のタイトルを総なめにしてきたダンスチームBBBのプライドはズタズタに引き裂かれた。 ただ、ダンスの持つパワーだけはメンバー誰一人として疑うことは無かった。また、「BBB SHOCK LIVE 7」ツアーに参加し、共に楽曲も制作したラッパーのSHUNとは気が合った。

story05

「ダンスとRAP」新たな可能性

SHUNも幼少の頃からダンスをやっていたこともあり、お互いに刺激し合う仲間になっていた。 そして、ラップという表現がチーム内にあることにより、自分たちの新しい表現の形をメンバーは感じ始めていた。 今まで「ダンス」にこだわり、言葉に頼らず身体だけで表現をしてきた。 でも、自分たちが届けたい人たち、全国の、全世界の人たちに、ダンスの素晴らしさやダンスの持つパワーを届けることが今まで以上に出来る可能性があるなら、融合した新しい形でもいいのかもしれない・・・。 自然とメンバーは融合の形をツアーの中で模索し始めていた。

Chapter 3

心境の変化

SHUNはラッパーとしてソロ活動している中で、自分の曲を、想いをもっと多くの人たちへ届ける方法を思い悩んでいた。 そんな中でBBBと出会い、SHUNの中でも何かが変わり始めていた。 BBBメンバーもそれぞれの意志が固まり始め、確信へと変わって行く。 年が明けて2015年1月、BBBはSHUNをメンバーの一人として誘うことを決め、SHUNもBBBに加入することを決意する。 「お互いの化学反応により、HIPHOPの新しいムーブメントを創る」 そして急ピッチで行われた新生BBBの活動準備。慌ただしく環境が変わって行く。この新生BBBでもし無理ならば、BBBは解散をする。

「come again」でメジャーデビュー

最後のチャンスに賭け全員が一丸となる中で、SMEレコーズからメジャーデビューが決まる。 今までのBBBの大義としてあった「ダンサーだけで武道館のステージへ立つ」という想い。長年こだわってきた「ダンサーだけで」という、その想いを変えても武道館のステージを目指したのはなぜか。 より大きな場所で、より多くの人々へ、ダンスの持つパワー、BBBにしか出来ない表現を伝えたい。 だからこそ、SHUNを迎え入れ新しい形で、メジャーデビューを決意したのだ。 そして2015年5月、ついに「come again」でメジャーデビュー。

story06

story06

「NEXT BREAK ARTIST賞」を受賞

「come again」ミュージックビデオでは超人気モデルの藤田ニコルと紗蘭が出演し話題を呼び、デビュー1年目にして優れたミュージックビデオを審査する音楽賞「MTV VMAJ 2015」にて今後の活躍が期待される邦楽アーティストに贈られる 「NEXT BREAK ARTIST賞」を受賞。 2015年12月には、ゲストボーカリストに IMALU、當山みれい、ふくい舞を迎え、宇多田ヒカル、AI、globe、m-flo、ZOOなどの大ヒット楽曲をサンプリング/カバーした、キャッチーかつダンサブルな1stミニアルバム「JUICEBOX」を発売し全国ツアーを敢行。

2nd SINGLEリリース

2016年8月には両A面シングルとして、2nd SINGLE「B-BOIスクランブル/Firework」をリリース 渋谷から発信するファッションにより業界を常にリードしている “109MEN’S”とのタイアップ曲「B-BOIスクランブル」と、 全国の中高生ダンス部日本一を決定する日本最大級のダンス大会“ダンススタジアム” の公式テーマソング「Firework」が収録され、リリース当日にiTunesヒップホップ/ラップチャート1位を獲得する快挙を成し遂げる。

story09

現在のBBB

その後も全国の大型音楽フェスからファッションイベントなどに次々と出演。 「東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」「TOKYO GIRLS MUSIC FES.2016」では、アーティストとして唯一両日出演を果たすなど快進撃を続け、昨年に引き続き「MTV VMAJ 2016」にて「B-BOIスクランブル」ミュージックビデオが最優秀振付賞である【Best Choreography】にノミネートされるなど、現在も加速度的に日本の音楽シーンを刺激している。